家がもっと好きになる♪暮らしのヒントブログ

お酢を使って、多彩な味に!

こんにちは!アイ企画の飯田です。

 

新しいレシピに挑戦するとき、

見慣れない調味料に出会いませんか?

 

こないだ、黒酢とバルサミコ酢が

いりますよーというレシピがありました。

 

いつも使っているのは、穀物酢。

 

穀物酢ではダメなのか。。。?

 

それも、使用量は大さじ1。

 

後は使わないかもしれない調味料、

買うのはちょっと勇気がいりますよね(*_*)

 

 

味の違いを調べてみました!(^^)!

 

黒酢は(一般的に米黒酢)、長い熟成期間を経ているだけあり

他の酢と比べてまろやかな香りで、独特のコクと香りがあります。

普通のお酢に感じるツンとした香りではなくまろやかな香りです。

このまろやかな香りがお刺身や野菜のマリネに最適!

 

また、黒酢の独特なコクと香りは

魚の臭みをやわらげて味わい深い一品に。

お肉は油っぽさを抑え、コクが出ます。

夏にぴったりですね♪

 

バルサミコ酢は原料が甘みの強いぶどうで、

数年間樽の中で発酵・熟成することにより

つくられるイタリアが起源のお酢です。

 

豊かなぶどうの香り、ほんのりと甘みを含む

お酢でそのまま煮詰めてアイスや果物のソースに

使えるぐらいです。

ですので、レシピにバルサミコ酢を使ってあるときは

他のお酢で代用しない方がいいでしょう。

余ったら、煮詰めてバニラアイスにかけて

食べるとおいしいですよ~(*^-^*)

 

食欲の落ちる夏にぴったりのお酢。

使い分けて、おいしいご飯をつくりましょう!